ムーチー

旧暦の12月8日に、沖縄では、健康祈願を願ってムーチー「鬼餅」を食べる習慣があり、ムーチービーサーと言って、その時期はすごく寒くなる季節感を表す言葉にもなってます。

ムーチー「鬼餅」には、微妙な言い伝えがあり、両親を早くでなくした、兄妹がいて、妹が年頃になった時期に、兄から離れ結婚してよそへ嫁いだそうです。
妹が嫁いだあと、お兄ちゃんは、寂しさあまり、家畜の豚や牛を襲い、やけ食いしたらしいです「おいおい」って感じでしょ!そのお兄ちゃんは、豚や牛では満たされず、人間の子供まで襲って食べたそうな・・・「犯罪です」
笑えない内容になってきましたね!
鬼になってしまった、お兄ちゃんを妹はふびんにおもい、餅を持ってお兄ちゃんを高台に誘いだし、餅を食べてるお兄ちゃんを高台きら突き落としたそうな・・・
鬼を退治した、妹は、地域の皆々様から感謝され、妹の勇敢な行動を称え、その時期に、ムーチー「鬼餅」を作る習慣になったようです・・・

簡単な説明になりましたが、子供達に、説明しにくい内容ですよね(笑)
ぶっちゃけ、妹から自力できない、ワガママお兄ちゃんって感じです!!

今日も、お隣さんの社長が、木パーツで遊んでくれてます!

ムーチービーサの中、SHAKEHANDの前で楽しんでもらいありがとうございます(笑)

Leave a Reply