捨てきれないよ〜

片付けしたい自分と、まだ使いたい自分がいます。

廃材の魅力って、意識してつくれない形があり、ひと手間かけると、素晴らしい材料に生まれ変わってくれます。

木アルファベットの材料にします

Leave a Reply